TOP
   ご案内
   医院紹介
   院長紹介・院長の想い
   矯正治療の進め方
   治療費
   矯正治療と不正咬合
   小児の矯正
   おとなの方の矯正
   顎変形症(外科矯正)
   保険治療とは
   矯正装置
   インプラント矯正
   歯を抜かない矯正
   MFT(筋機能療法)
   口唇裂・口蓋裂の矯正
   埋伏歯
   先天性欠如歯
   歯周病のかた
   ブラッシング
おおきた矯正歯科
084-931-7100
 埋伏歯
   歯を抜かない矯正
   非抜歯矯正
おおきた矯正歯科は福山市西町
福山商工会議所前の矯正専門医
による医院です
顎変形症(外科矯正)
受け口 
出っ歯
開咬 
交叉咬合(顎のずれ)
歯列矯正(広島県,福山市)の矯正歯科専門医[歯並びのことご相談ください]おおきた矯正歯科


受け口(下顎前突)
トップ


  症例 1 乳歯の受け口   非抜歯矯正の症例です
今度小学校に入ります.6歳になったばかりです. 乳歯の受け口(下顎前突 )の症例です.横顔が整っていて,年上のお姉さんのお顔です.お兄さんは,やはり受け口で,5年生から矯正治療をはじめました.お父さんも受け口でした.上あごの成長を促進する フェイシャルマスクをおうちにいる間つけました.寝ている間も使用していただきます.
矯正治療を開始して9ヶ月です.受け口はなおり,お顔がまあるくなりました.
フェイシャルマスクは使用してます
8歳です.上あごのおとなの歯の前歯がやっとでてきました.受け口にもどりそうです. チンキャップに装置を交換しました.
9歳です.前歯のかみ合わせが安定してきました.お顔がますます丸くなりました.
横の永久歯が抜け変わりはえてきました.でも上あごの犬歯はまだ生えていません.このままだと八重歯になります観察しています.
12歳です.犬歯が八重歯にならないように,犬歯の生えてくるスペースをつくるため,先に上あごだけ マルチブラケット装置をいれました.その後,下あごにも装着しました.
14歳です.マルチブラケット装置をはずしました.チャーミングです
矯正治療前後のお顔の変化です.
成長の旺盛な時期に,その顔の成長をコントロ

ールしておかねば困難な症例になっていったで
しょう.

                       
症例2 混合歯列期の受け口 非抜歯矯正です.片方の犬歯が埋伏していました 
                         
  混合歯列期とは,前歯が永久歯にはえかわったり,奥歯の乳歯が抜けかわったりする時期です.

9歳の方です.
前歯が逆にかんでいる混合歯列期の受け口(下顎前突 )です.前歯だけでなく,奥歯も上の歯の方が下の歯より内側にあります.上あごが小さいので,上あごの成長を促進するため,
プロトラクター(ファイシャルマスク)をご家庭内で使用していただきました

 
プロトラクターで上顎の前方への成長を促進し,リンガルアーチ で上あごを横方向へ拡げました.半年後の写真です.受け口はなおり,前歯も奥歯も逆のかみ合わせだったのが正常になりました.
プロトラクターは使用継続です.
奥歯の乳歯が抜けて,永久歯がはえてきました.でも右側の犬歯だけがまだはえてきません.あごの骨の中で,埋まっているからです.
以前使用していたリンガルアーチを再度装着して犬歯を引っ張り出しました.だいぶ出てきました.プロトラクターはすでに使用は中止しています.12歳です
その後,マルチブラケット をいれました.
上下のかみ合わせをしっかりさせるためです
13歳でマルチブラケット装置をはずしました.矯正治療後で
矯正治療の前後です.横顔が変わりました.これは自然の成長ではなく,矯正治療力によって変化した結果です.年齢が高くなって矯正治療を開始すると,この症例で使用したプロトラクターなどの装置はもう使うことができません.したがって,難症例になるわけです


トップ




  Copyright (C) おおきた矯正歯科 広島県福山市西町