TOP
   ご案内
   医院紹介
   院長紹介
   矯正治療の進め方
   治療費
   矯正治療と不正咬合
   小児の矯正
   おとなの方の矯正
   顎変形症(外科矯正)
   保険治療とは
   矯正装置
   インプラント矯正
   歯を抜かない矯正
   MFT(筋機能療法)
   口唇裂・口蓋裂の矯正
   埋伏歯
   先天性欠如歯
   歯周病のかた
   ブラッシング
おおきた矯正歯科
084-931-7100
 おおきた矯正歯科は福山市西町
 福山商工会議所前の矯正専門医
 による医院です
過蓋咬合(かがいこうごう)とは、左図のように、上下の前歯のかみ合わせが深すぎる不正咬合です.小児の過蓋咬合は、上顎前突(出っ歯)と一緒になって現れることが多く、上顎前突(出っ歯)のほとんどは、過蓋咬合もあわせもっています
矯正治療と不正咬合で「かみ合わせ」のタイプの分類もごらんください
第1症例 機能的顎矯正装置を使用して治療した過蓋咬合の症例
9歳です.下顎の前歯が上顎の前歯の内側の歯茎をかんでいます
 
アクチバトール とヘッドギアを一緒に使用するハイファーの装置を使用しました.機能的顎矯正装置です.
 
14歳です.機能的顎矯正装置により、下顎の成長を促進することができました
第2症例  マルチブラケット装置を使用した過蓋咬合の症例
 
13歳です.マルチブラケット装置で治療しました.この方は、上顎の小臼歯1本が、埋伏していましたので、その歯を摘出抜歯しました.
 
16歳です.マルチブラケットを外しました下顎の前歯が見えるようになり、上顎前歯は適正な傾斜になりまた.
  第3症例 機能的顎矯正装置を使用して治療した症例
 
7歳です上図の右のような上顎前突(出っ歯)との複合です.上顎前突(出っ歯)のほとんどの方は、過蓋咬合もあわせもっています機能的顎矯正装置のハイファーの装置を使用しました
 
13歳です過蓋咬合も上顎前突も解消しました
  第4症例 機能的顎矯正装置を使用して治療した症例 
 
 8歳です.第1症例と同じようにハイファーの装置を使用しました
 
1年後です.過蓋咬合と上顎前突は解消しました
 
13歳2ヶ月です.12歳になってすぐ,上下顎の左右小臼歯を抜歯して、マルチブラケットで治療しました.上下顎の関係は正常になりました
 
23歳です.上下左右の親知らずの歯を抜歯しました中の図のように、正常な上顎と下顎の関係です
 おとなの方の矯正
おとなの過蓋咬合
歯列矯正(広島県,福山市)の矯正歯科専門医[歯並びのことご相談ください]おおきた矯正歯科

小児の過蓋咬合

トップ








































































































































トップへ



 Copyright (C) おおきた矯正歯科 広島県福山市西町