TOP
   ご案内
   医院紹介
   院長紹介
   矯正治療の進め方
   治療費
   矯正治療と不正咬合
   小児の矯正
   おとなの方の矯正
   顎変形症(外科矯正)
   保険治療とは
   矯正装置
   インプラント矯正
   歯を抜かない矯正
   MFT(筋機能療法)
   口唇裂・口蓋裂の矯正
   埋伏歯
   先天性欠如歯
   歯周病のかた
   ブラッシング
おおきた矯正歯科
084-931-7100
おおきた矯正歯科は福山市西町
福山商工会議所前の矯正専門医
による医院です
TOP

歯列矯正(広島県,福山市)の矯正歯科専門医[歯並びのことご相談ください]おおきた矯正歯科


MFT・口腔筋機能療法・舌癖


top



MFTとはmyofunctional therapyの略です.筋機能療法といいます. 矯正治療に関係する重要な筋肉は,顔の筋肉,口腔周囲の筋肉です. 筋肉の塊である舌と口唇の周囲の筋肉は不正咬合に深く関わっています 
A B C
  


正常な嚥下時の舌と口唇の位置です
舌は,軽く上あごに接触し,上下の口唇も接触しています


異常な嚥下時の舌,口唇の位置です.舌が上下口唇の間に突出しています

舌癖のある方の安静時の口腔周囲の筋肉の状態です.
舌は平坦で低い位置にあり,上あごに接することなく、下あごの前歯の裏側に触れています
(Barret,K.R.:Oral Myofunctional disorders,Mosby)
 
この方は,会話の途中に舌が突出します.嚥下時には,Bの状態,安静なときにはCの状態が認められます.
この方は,嚥下時に舌が前方にも側方にも押し出されます.安静時には,Cの状態になっています
MFTを行なうにあたっては,家庭での復習が必須です.そこで,家庭学習用具をお渡しして,毎日レッスンしていただきます このような小児の患者さんの場合には,タングクリブという矯正装置を使用することもありますが,何よりもMFTが必要です.上段と下段はタングクリブを装着時と3か月後です
レッスンの一部です
  





  Copyright (C) おおきた矯正歯科 広島県福山市西町