舌癖
 安静時の舌の姿勢と、機能時の舌の動きが「変」なのをべろの 
 癖 舌癖といいます.
 このお嬢さんは,安静時に、上下の前歯の間に舌を常時挟ん
 でいます.また嚥下時や咀嚼,会話時にも舌が 突出します.
 歯の生えていない赤ちゃんは、舌を上あごと下あごの間に挟
んでいます.しかし 5歳以降、日中も指しゃぶりをし舌癖が顕、
著な場合は歯並びだけでなく,あごの成長にも影響し、将来の
 顔かたちに影響します.
このお嬢さんは、上あごにタングクリブという装置を装着しま
したが、診断によっては下顎に装着することもあります
 徐々に装置も小さくし、前歯も接触するようになると装置を除
 去し、舌癖を正す MFT・口腔筋機能療法をおこなっていきま
 す.MFT・口腔筋機能療法のページにトレーニングの一部を
 載せています.
 また、この方と同様に舌癖と爪かみの習癖で開咬になってい
 る症例を埋伏歯のページで埋伏歯症例1として載せています
 埋伏歯症例1もをご覧ください.
 このような開咬の症例だけでなく、受け口(下顎前突 )や出っ
 歯・上顎前突 過蓋咬合のような歯並びの方にも、舌癖がみら
れます おとなの矯正をご覧ください            
   TOP
   ご案内
   医院紹介
   院長紹介・院長の想い
   矯正治療の進め方
   治療費
   矯正治療と不正咬合
   小児の矯正
   おとなの方の矯正
   顎変形症(外科矯正)
   保険治療とは
   矯正装置
   インプラント矯正
   歯を抜かない矯正
   MFT(筋機能療法)
   口唇裂・口蓋裂の矯正
   埋伏歯
   先天性欠如歯
   歯周病のかた
   ブラッシング
おおきた矯正歯科
084-931-7100
おおきた矯正歯科は福山市西町
福山商工会議所前の矯正専門医
による医院です
舌癖とMFT(口腔筋機能療法)についてはこちらををご覧ください
MFT(口腔筋機能療法)
 こどもの矯正
受け口(下顎前突 )
出っ歯(上顎前突)
下顎のずれ(交叉咬合)
開咬
こどもの過蓋咬合
 おとなの方の矯正
受け口(下顎前突)  
出っ歯 (上顎前突)
乱杭歯(そうせい)
空隙歯列 (すきっぱ)
開咬
おとなの過蓋咬合
交叉咬合
歯列矯正(広島県,福山市)の矯正歯科専門医[歯並びのことご相談ください]おおきた矯正歯科


こどもの開咬
トップ




7歳です.指しゃぶりで開咬になりました.
5歳以降も指しゃぶりが続くと不正咬合になります
今でも時々 指がお口にはいりますいつも舌は上下の前歯の間に介在しています
舌癖で
タングクリブという装置を装着しました.この装置は,毎回小さくします.MFT(口腔筋機能療法)を行ないます.
2ヵ月後です.装置をはずし舌のトレーニング MFTをおこなっていきます
12歳になって歯並び全体を整えるため、マルチブラケット装置をいれました
T年2か月後にマルチブラケットを外しました
歯を抜かずに治療しました

非抜歯治療です






























トップ


  Copyright (C) おおきた矯正歯科 広島県福山市西町