おおきた矯正歯科
084-931-7100
インプラント矯正については、こちらをごらんください
インプラント矯正
   歯を抜かない矯正
   非抜歯矯正
顎変形症(外科矯正)
受け口 
出っ歯
開咬 
交叉咬合(顎のずれ)
      不正咬合のタイプ
歯並びや噛み合せが悪いことを不正咬合や歯列不正といいます.
歯は、上あごと下あごの骨の上に並んでいます.歯並びは上あごと下あごの位置と大きさに関係します.そこで、上あごと下あごの骨の関係が適切かどうかを診断します.下段に記載した不正咬合のタイプは学問的分類であり、すべての年齢、人種にかかわら当てはまります.ただ乳歯のみのお子さん(5歳程度まで)は下記の分類外です.また成長期のお子さんは、成長によって分類パターンが変化していきます.おとなの方も歯を失ったりしてかみ合わせのパターンが変わることも多々あります
 正常な上下顎関係
上あごと下あごの前後および上下の位置関係が正常です.しかし上あごと下あごの位置関係が適正であっても、歯の大きさとそれぞれのあごの骨の大きさが不適正であると歯並びが悪くなります.それぞれの顎の骨の大きさに対して、歯が大きすぎると、歯並がデコボコした乱杭歯や八重歯(叢生そうせいという歯列不正になります.歯が小さすぎる時は、隙間ができる空隙歯列(すきっ歯)という歯列不正がおこります.
 上顎前突
上顎前突(出っ歯)ですが、上あごが大きすぎるのか下あごが小さすぎるのか診断しなければなりません.小児の出っ歯(上顎前突)の治療には、上あごの成長を抑制し、下あごの成長を促進する機能的顎矯正装置を使用します.
おとなの場合は、マルチブラケット装置で治療します.小児の矯正大人の方の矯正をご覧ください.
 下顎前突
上あごに比べて下あごが大きく、前方に位置する不正咬合です反対咬合(受け口)、下顎前突となります.上の前歯が内側で、下の前歯が外側になります.小児の受け口の治療には、上あごの前方成長を促進する上顎前方牽引装置を使用します.思春期や、大人の方の場合では、マルチブラケット装置を用いて歯の傾斜を変えて治療します.
上下顎のアンバランスが大きすぎる時には、顎変形症として外科矯正によって治療します.
 開咬
上あごと下あごの前歯が噛み合わず、離れています.開咬という歯列不正です.開咬の場合も、上あごと下あごの前後的位置関係や上下の顎の大きさのアンバランスの大小によって、治療方針が異なります.
小児の開咬大人の方の開咬外科矯正による開咬をご覧ください. 
 過蓋咬合
過蓋咬合(かがいこうごう)という不正咬合です.
上あごと下あごの前歯の噛合わせが深く、下あごの前歯は上あごの内側の粘膜を噛んでいます.
小児の過蓋咬合おとなの過蓋咬合の症例をご覧ください.
 
 矯正治療について
提示しております症例をご覧いただけると、お子様やご自身の不正咬合のタイプや治療方法の多様性をご理解いただけると存じます. 症例をご覧ください
 おおきた矯正歯科は福山市西町
 福山商工会議所前の矯正専門医
 による医院です
 こどもの矯正
受け口(下顎前突 )
出っ歯(上顎前突)
下顎のずれ(交叉咬合)
開咬 
こどもの過蓋咬合
埋伏歯
先天性欠如歯
 おとなの方の矯正
受け口(下顎前突)  
出っ歯 (上顎前突)
乱杭歯(八重歯など)
空隙歯列 (すきっぱ)
開咬
おとなの過蓋咬合
交叉咬合
このページのTOPへ
歯列矯正(広島県,福山市)の矯正歯科専門医[歯並びのことご相談ください]おおきた矯正歯科


矯正治療と不正咬合
TOP




     

























































































  Copyright (C) おおきた矯正歯科 広島県福山市西町